人気のひざ下脱毛エステを紹介,海外での脱毛エステについて

海外の脱毛エステを利用することはできる?

海外での脱毛エステ

日本と海外ではたくさんの事柄が違います。物価や文化、美容への姿勢などです。特に物価と美容に対する姿勢の違いは日本人にとっては非常に魅力的で、海外のエステを目的としたツアーが組まれることすらあります。破格の値段で最先端の美容ケアが受けられるとなれば、ぜひ体験してみたいと思うのが女性の性というものでしょう。ところが、海外の美容ケアの中でも注意が必要なのが脱毛です。当然海外にも脱毛エステは存在しており、現地の女性に人気のお店もたくさんあります。

 

しかし日本人が海外の脱毛エステを利用するには少々リスクがあります。というのも、日本人と外国人では肌の色や質が違います。人種にもよりますが、美容技術が発達している国の人は日本人と異なり肌に色味がありません。また意外にも皮膚が厚めになっています。海外の脱毛エステで使用される脱毛器は、その国の方に合った設定になっています。その為日本人向けの機械よりも強力になっているのが一般的で、皮膚の薄めな日本人が海外の脱毛施術を受けると肌トラブルを引き起こす可能性があります。比較的日本人と肌質の近いアジアであっても、外国の脱毛器に対する安全性への不安もあります。もしも旅行中に肌のトラブルが発生すると治療費コミュニケーションの問題に悩まされることになるので、海外の脱毛エステを利用したければよく考えるようにしてください。

 

海外旅行中のムダ毛ケアは電気シェーバーで

海外での脱毛エステ

海外旅行に行くと、国内旅行に比べると日程が長くなる傾向があります。しかしその間もムダ毛は伸びます。衣服で隠せる部分は構わないかもしれませんが、折角の海外旅行ですからオシャレを楽しみたい気持ちもあるでしょう。現地の伝統衣装を体験する機会もあるでしょうから、やはりムダ毛をそのままにしておくというわけにもいきません。そこで海外旅行に行く際には、電気シェーバーを荷物に含ませておくと良いでしょう。電気シェーバーなら比較的短時間でムダ毛のお手入れが出来るので、旅先でのムダ毛ケアにも最適です。

 

持参する電気シェーバーは、電池式か充電式にするとなお良いです。日本と海外では電流が異なります。日本は100Vなので、海外で日本の電気製品を使用するには変圧器を利用しなくてはなりません。また、海外のコンセント差込口も日本とは違います。海外対応の電気シェーバーでもコンセントの形が違えば使うことはできませんので、交流式のシェーバーを持って行くなら変換プラグも必須です。しかしそうすると荷物が増えてしまうので、できれば電池式のシェーバーがお勧めです。とはいえ電池切れを起こしてしまうと使えなくなってしまいますので、予備の電池をしっかりと持って行くようにしましょう。電池を機内に持ち込むことはできませんが、スーツケースに入れておけば大丈夫です。

セキュリティが厳重な国もある

ただし、あまり大量に電池を持ち出すのは止めた方が良いかもしれません。国によってはセキュリティが厳重で、大量の電池を持っていると荷物のチェックが入る場合があります。必要なだけの量の電池のつもりでもスーツケースの中身を確認される可能性もあることだけは念頭に入れておいてください。また、故障などでシェーバーが使えない場合のことも考えて無駄毛ケア用のカミソリを用意しておくのも有効です。

脱毛エステサロンおすすめの理由

ひざ下脱毛ランキング

ローラTBCキャンペーン

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
\500 両ワキ脱毛通い放題

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


TBCキャンペーン


【期間限定キャンペーン】脱毛ラボ

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
\500 両ワキ脱毛完了コース

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


脱毛ラボ


銀座カラー銀座カラー

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
月額\4,300 足全セット

4つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


銀座カラー



このページの先頭へ戻る