人気のひざ下脱毛エステを紹介,エステの主な脱毛方法とは

まずは脱毛体験してみる

エステの主な脱毛方法

脱毛にはさまざまな種類がありますが、メジャーなものを2つに分類すると美容電気脱毛光脱毛に大別できます。

美容電気脱毛とは

美容電気脱毛はニードル脱毛、針脱毛などと呼ばれていて、脱毛が痛いものだという先入観はこの脱毛法による部分が大きいと思われます。美容電気脱毛は非常に長い歴史をもつ脱毛法です。簡単に説明すると、毛穴に針を入れ熱で毛根細胞をを死滅させていくのですが、このときに非常に強い痛みを伴います。また、毛根1つ1つ処理をしていくので非常に時間がかかることも特徴です。施術跡が赤く腫れることもあり、同じ箇所の脱毛をするには何回も通う必要があります。しかし、この脱毛法は研究も進んでおり、脱毛効果の持続性が高いことが証明されています。半永久的に脱毛するには非常に高い有効性があるといえます。

 

光脱毛とは

光脱毛はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛などの種類がありますが、美容電気脱毛に比べて新しい技術といえます。光脱毛の仕組みとしてはメラニン色素に反応する光を使って、毛根を熱処理していきます。美容電気脱毛に比べてピンポイントで毛根に熱を加えることができるので、より痛みの少ない施術が可能となってきます。そのため、広範囲の処理が可能だったり、肌への負担も最小限に抑えることが可能です。ただ、比較的新しい技術なので脱毛効果の持続性のデータが不足していたり、同じ部分に対しても施術を繰り返すこともあったりすることを考慮する必要があります。永久性という意味では美容電気脱毛に軍配があがります。

 

それぞれにメリット・デメリットがある

エステの主な脱毛方法メリット・デメリット

さて、それぞれにメリット・デメリットがあると脱毛する側としてはどちらを選ぶか迷ってしまいます。迷ったときはとりあえず実際にやってみるのがベストでしょう。ニードル脱毛はどの程度の痛みなのか、自分の肌との相性はどうなのか。また、フラッシュ脱毛はどの程度の脱毛効果があるのか、痛みはどれくらいかなどは主観的な部分もあるので体験するのが一番です。

 

とはいえ、それらを体験するためにわざわざ複数の脱毛サロンを予約して、体験して、比較して片方を断ってとするのもなかなか面倒です。とりあえず体験してみるだけなら出来るだけ簡単に済ませたいですよね。

 

そこでお勧めなのがTBCの体験キャンペーンです。TBCではニードル脱毛とフラッシュ脱毛が同時に体験することができるキャンペーンをしています。TBCでは光脱毛の中でもフラッシュ脱毛といわれる最新技術で同じ光脱毛のレーザー脱毛よりさらに痛みを抑え、広範囲の施術が可能な脱毛が体験できます。まずは体験して、両方の脱毛を体験してみて、自分の体質や、肌質、なによりも重要な理想にあった脱毛方法を選択することで満足する施術が受けられることと思います。

 

脱毛は、脱毛部位やどの程度脱毛するかによって違いますが長期的にサロンに通う必要があります。まずは体験コースなどを利用して、長期的に、継続的に通えるサロンと施術方法を選ぶことが重要です。

脱毛エステサロンおすすめの理由

ひざ下脱毛ランキング

ローラTBCキャンペーン

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
\1,000 全身から自由に選べる脱毛プラン

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


TBCキャンペーン


【期間限定キャンペーン】脱毛ラボ

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
初月\0 全身脱毛コース

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


脱毛ラボ


銀座カラー銀座カラー

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
月額\4,800 足全セット

4つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


銀座カラー


エステの主な脱毛方法/ひざ下脱毛エステおすすめランキング記事一覧

ムダ毛を簡単に処理できるとして人気の永久脱毛ですが、施術を受ける際には注意しておきたい点もあります。まず、夏など紫外線の強い季節には日焼けによって施術を受けた際トラブルが起こることもあります。皮膚に炎症が起こっている場合など、皮膚に何らかの異常があるときにも、状態が悪化する恐れがあるため、施術を断られることもあります。夏に脱毛を受けるときは、長袖を着て紫外線に当たらないようにするなどの工夫が必要で...
日本と海外ではたくさんの事柄が違います。物価や文化、美容への姿勢などです。特に物価と美容に対する姿勢の違いは日本人にとっては非常に魅力的で、海外のエステを目的としたツアーが組まれることすらあります。破格の値段で最先端の美容ケアが受けられるとなれば、ぜひ体験してみたいと思うのが女性の性というものでしょう。ところが、海外の美容ケアの中でも注意が必要なのが脱毛です。当然海外にも脱毛エステは存在しており、...
脱毛サロンに限った話ではありませんが、エステサロンに行くとまずカウンセリングがあります。カウンセリングシートなどにパーソナル情報や病歴などの基本情報から、今後の施術の希望などを記入していきます。その後、シートを見ながら担当者と施術方針などを決めていくのですが、打ち合わせ前にある程度自分の希望を固めておきましょう。たとえば、どんな施術なのか、費用の相場、自分がどこまでなりたいのかなどです。準備が十分...
黒く太い毛は見た目も醜く、目立つのでキチンと処理しておきたいですよね。それにはやはりエステで脱毛してしまうのが一番です。しかし、目立つ毛を処理すると次に気になってくるのが産毛です。産毛は遠めには目立たないのでとりわけ処理する必要もないと思う人もいるかと思いますが、気になる人は気になっちゃいます。何かの拍子に肌を間近で見られたりしたときに産毛が見えては残念に思われるかもしれないし、最近のデジカメは写...
全身脱毛というと、多くの方が頭からつま先まで、気になる部分の脱毛を行ってくれるというイメージがあるかもしれません。しかし、顔やデリケートゾーンなど、お肌が敏感になっている部分には対応していないサロンも多くあります。サロンによって対応している範囲にも違いがありますので、施術を受ける前には、どこ部分の脱毛に対応してくれるのか確認を行っておく必要があります。全身脱毛は、全ての施術が終わるまでに1〜2年と...
脱毛に興味があるけど、実際に施術はしたことないという方が多いですよね。金額面の不安や、押し売りが多いという噂が気になる方や、どういったことをするのか不安な方まで。実際に脱毛するまでに行かない理由は様々。そこで脱毛への不安を少しでも解消するために、脱毛の簡単な流れをご紹介します。脱毛にも色々な種類はありますが、光で行う脱毛ならばほとんどこの流れです。まずはエステ選びから口コミや価格ももちろんですが、...
脱毛をした後は、アフターケアが大切です。やはり肌や毛穴に負担がかかっているので、炎症や肌荒れを引き起こさないようにアフターケアをしましょう。これをきちんとしないと、色素沈着が起こり、うっかり腕を上げることもできなくなります。アフターケアの方法を知るエステティックサロンに通い始めたら、アフターケアの説明も聞いておきましょう。そして自宅ではどのようなケアをしたらいいのかも聞いておくことが大切です。自分...
エステやクリニックで脱毛を受けると、すぐに毛が生えなくなってくると勘違いされている方もいます。実際の施術の時には、毛が生えてこなくなるまで時間もかかってくるのです。施術を受けたとき、影響を与えられるのは表面に出てきている毛のみになります。皮膚の下にも埋もれている毛がある毛は表面に現れている部分だけではなく、皮膚の下にも埋もれている部分が存在します。埋もれている部分の毛は数週間〜1か月をかけて表面に...
一般的な脱毛エステサロンでは、毛周期に沿って脱毛施術をしています。その際、レーザー脱毛、光脱毛、フラッシュ脱毛、IPL脱毛など方法は色々ありますが、どれで施術するのであっても、肌トラブルの無い毛周期が安定した人がより脱毛効果を得られやすいという結果が出ています。肌トラブルは脱毛エステに通うことになったからと言って、急に元に戻るわけではありませんから、普段から自己処理で肌を傷つけないように気をつけて...
脱毛施術は、美容外科・美容皮膚科といったクリニック、またはエステサロンで受けることが可能です。一般に医療機関での脱毛とエステサロンでの脱毛は、医療脱毛とサロン脱毛などと呼ばれ区別されているのですが、では、そこにはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、その違いを簡単にご説明したいと思います。クリニックでの脱毛についてまず、クリニックでは、医療機関にしか使用が許されていない「医療レーザー脱毛」(...
Vラインとは、ビキニラインのこと。Vライン脱毛は、要するに下着などを着用した際にはみ出しが気になる部分の脱毛のことです。デリケートな部分ゆえに自己処理では色素沈着などトラブルを起こしやすく、またアンダーヘアは毛自体が太く処理しにくいため、近頃はサロンやクリニックで永久脱毛する人の数も増しています。アンダーヘア脱毛部位アンダーヘア脱毛は、部分ごとにV・I・Oとわけられています。Vラインのほか、Vライ...
Iライン脱毛をご存知でしょうか?Iラインとは、Vラインより奥の、陰部周りことです。陰部周りといった露骨な表現を避けて、「体操座りをしたと時に見える箇所」と表現するサロンもあるようです。この、日本ではあまりなじみのないIライン脱毛ですが、 セクシーな下着や水着を好んで着用することの多い、海外セレブ層にはかなり一般的となっています。日本の場合もなじみがないとはいえ、以前に比べるとレースクイーンやグラビ...

このページの先頭へ戻る