人気のひざ下脱毛エステを紹介,お手入れに毛抜きはNG

お手入れに毛抜きは使わない

毛抜きは使わない

ひざ下のムダ毛は女子にとって悩みの種です。ムダ毛があっては脚が出せなくなりますからね。皆さんはどのようにお手入れしているでしょうか? 広範囲な部分なので電気シェーバーで一気に片付けてしまう人が多いでしょうか? しかし、すぐに伸びてきてしまうんですよね。だから一本一本毛抜きで処理するという人もいるのでは…?? でも注意してください。実は脱毛エステサロンで脱毛中の人には毛抜きで自己処理をするのをやめてもらっています。なぜかというと肌によくない、脱毛効果が薄れるなどの問題がでてくるからです。

 

炎症や埋没毛などの要因に

毛抜きで毛を抜くと、毛穴に負担がかかるのですが、それが毛膿炎という炎症を引き起こす原因になります。また、毛がしっかり抜けずに途中で切れてしまうと皮膚の下で毛が成長してしまって、埋没毛にもなってしまうのです。埋没毛は処理するのに手間がかかり、肌表面を薄くけずって毛を表に出さなければいけないので、それも肌にとっては負担です。そして脱毛を行ううえで大切なのが毛周期なのですが、毛を抜くことでその毛周期が狂ってしまい、効果的な脱毛ができなくなってしまいます。

 

もし今、毛抜きでひざ下の処理をしている人がいましたら、すぐに電気シェーバーなど、肌に負担の少ない方法での処理に変更してください。すでに埋没毛があるなど、肌や毛穴にトラブルがあって脱毛が受けられないかもとお悩みの人はサロンに相談してみてください。

 

ひざ下脱毛中に毛抜き処理をしてしまったら…

毛抜きは使わない

毛抜きでの自己処理は、肌にも毛穴にもよくないことです。これは脱毛中に限らずいつの処理にもいえることです。だからこそエステサロンでは最初のカウンセリングで毛抜きでのお手入れはやめてもらうように言うのです。しかしうっかり、いつものように抜いてしまうこともあるかもしれません。長年そのように毛抜きで処理してきた人はその癖がついてしまっている人も多いようです。なのでそんなときにはどのようにケアすればいいか紹介しておきます。

 

毛抜きで毛を抜いた時は毛穴が開いた状態になっています。毛につながっていた毛細血管を無理に引きちぎったかたちになっているのです。この状態は感染症を起こしやすい状態ですので、消毒して菌を寄せ付けないように注意してください。特に出血がある場合には気をつけてください。感染症になる確率が高くなります。自宅にある消毒液で十分ですので毛穴、その周辺をふいて清潔に保ってください。

 

もし毛抜き処理の後しばらくして、赤く腫れあがるようなことがありましたら毛膿炎の疑いがあります。
放っておくことはせずに必ず病院に行ってください。膿んでしまったり色素沈着を起こしてしまうことも十分考えられます。そうなる前に対処が必要です。

 

そして毛抜きを使ってしまった後のサロンでの脱毛に関してですが、基本的には毛抜きを使用した部分は避けてマシンをあてます。広範囲を毛抜きで処理してしまった場合は、脱毛効果が得られないこともありますので、サロン側と相談して予約を変更した方がいいかもしれません。きちんとサロンに毛抜きを使用したことを伝えて、その後の計画を立ててください。

 

毛を抜いたあと赤くなることがあります。そういうときはタオルなど使って冷やし、化粧水をぬって保湿をしておくといいでしょう。

脱毛エステサロンおすすめの理由

ひざ下脱毛ランキング

ローラTBCキャンペーン

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
\500 両ワキ脱毛通い放題

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


TBCキャンペーン


【期間限定キャンペーン】脱毛ラボ

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
\500 両ワキ脱毛完了コース

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


脱毛ラボ


銀座カラー銀座カラー

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
月額\4,300 足全セット

4つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


銀座カラー



このページの先頭へ戻る