人気のひざ下脱毛エステを紹介,肌が弱い人のひざ下脱毛について

肌が弱い人がひざ下脱毛をする時の留意点

肌の弱い人が脱毛する時の注意点

脱毛処理をする時に一番気になるのは、処理後にお肌が荒れないかという点です。普通肌でも気になるもの、肌が弱い人はもっと心配になりますよね。肌が弱い為に脱毛をしたくても諦めている人もいるのではないでしょうか。

 

実際に脱毛をする方法は色々ありますが、一番肌に肌に刺激が少ないのはフラッシュ式脱毛です。レーザー式は一箇所に刺激が集中してしまいますが、フラッシュ式は光が拡散するので肌への刺激が少ないのです。特にひざ下に関しては、会社でストッキングをはくとなると季節を問わず人目に触れる部分です。薄い色のストッキングだと、むだ毛処理をしていない部分が渦を巻いてしまって恥ずかしい思いをしたことはないでしょうか。

 

そういった点を考えると、自宅で何回も自己処理をすることを考えるならば、やはり思い切って脱毛エステに通った方が良いかもしれません。何故なら脱毛エステでは脱毛の他に、美肌ケアも十分にしてくれるからです。実際に肌が弱くても脱毛エステに通っている人は沢山います。その場合には事前に必ずカウンセリングをしっかり受けることが大切です。優良とされる脱毛エステではカウンセリングの段階で、肌に対する刺激のテストもきちんと行ってくれます。

 

正しいケアの方法を身につける

ひざ下と言っても脱毛期間中にお手入れを間違えてしまえば、折角のお肌のケアが台無しになってしまう可能性もあります。脱毛エステに通いながらひざ下をケアするにはどんな点に注意をしたら良いのでしょうか。

お肌にとって紫外線は天敵

紫外線は刺激が大変強く、女性にとってお肌が乾燥したり荒れたりする原因No.1です。フラッシュ脱毛をしている期間中は、紫外線を浴びたり日焼けをしないようにしなければいけません。しかしその際に市販の日焼け止めを使用すると、合成界面活性剤という成分により、肌に余計負担がかかることになってしまう為、できれば衣服により肌をカバーする方法が好ましいでしょう。ひざ下だけならば、簡単にUV効果のある布を掛けておくだけでも十分にカバーすることができます。

 

保湿を大切に

脱毛をしたばかりの肌はとてもデリケートで、ちょっとした刺激にも反応してしまい、赤いポツポツができてしまい、痒みの原因にもなります。石鹸で何度も洗ったり、タオルで必要以上にごしごしと擦ったりして、皮脂を必要以上に取り除いてしまわないように注意しましょう。ひざ下といえどもとにかく優しく丁寧に洗い、お風呂上がりには保湿ローションで充分に水分を補給してあげましょうね。

 

身につけるものを大切に

起きているときには多少痒みがあっても我慢できるものです。しかし、寝ている時には意識のコントロールが効かないので、痒いところを無意識に掻いてしまうことがあります。そこで寝ている時に肌に刺激が伝わらない様に、下着やパジャマも肌触りが良いものを選びましょう。洗濯をする時にもすすぎを良くすれば、衣服に残ったわずかな洗剤で肌が痒くなるということも防げます。

 

ひざ下部分に直接触れる靴下やストッキングも、出来るだけ締め付けないものを選びましょう。注意したいのはゴムの部分です、ここが刺激となって痒みを引き起こし、発疹を起こす可能性もあります。出来る限り肌の乾燥を防ぎ、刺激を少なくすることが大切なのです。

脱毛エステサロンおすすめの理由

ひざ下脱毛ランキング

ローラTBCキャンペーン

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
\500 両ワキ脱毛通い放題

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


TBCキャンペーン


【期間限定キャンペーン】脱毛ラボ

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
\500 両ワキ脱毛完了コース

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


脱毛ラボ


銀座カラー銀座カラー

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
月額\4,300 足全セット

4つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


銀座カラー



このページの先頭へ戻る