人気のひざ下脱毛エステを紹介,ひざ下脱毛当日の服装について

ひざ下の脱毛と服装

施術の時の服装

病院に行くときの服装ってけっこう重要ですよね。聴診器をあてられたり、触診をされたりするので、なるべく脱ぎやすい服装が必要ですが、そもそも病気をしているし、病院に派手な格好は似合いません。しかし、誰が見ているかもわからないので、それなりの服装はしなければなりません。さらに難しいのがエステに行くときです。病院ならば、まだ病気だからと言い訳もききますが、エステはそうも行きません。せっかく美しくなりに行くのに、適当なかっこうで行くのは本末転倒です。

 

基本的にはエステではガウンなどが用意されているところがほとんどですが、フェイシャルだったりひざ下脱毛などの部分的な施術の時にはガウンに着替える必要もない場合があります。ひざ下脱毛の際にまず気をつけるのはひざ下の出しやすさですね。簡単にひざ下が出ないようでは施術ができないので結局はガウンが必要になってしまいます。簡単に捲り上げられる服装というのは必要条件ですね。

 

特にひざ下脱毛の場合の衣類には注意が必要です

また、生地にも注意する必要があります。以下に紹介する条件はひざ下脱毛の際に注意する点を記述していますが、そのほかの部位の脱毛、脇や腕などの部位の場合にも当てはまる内容もあるので参考にしてもらえればと思います。

 

施術後の肌はとても敏感な状態です。脱毛は基本的には毛根の細胞を破壊することで行うので、ニードル脱毛はもちろんのこと、比較的肌に優しいとされる光脱毛の場合でも施術後の肌には注意が必要です。なんといっても肌に優しい生地の服を選ぶというのは施術後の肌を考えるととても重要です。デニムのような固い生地は絶対にご法度です。なるべく柔らかい生地のパンツを選ぶと脱毛後のひざ下に擦れてもダメージを抑えることができます。

 

施術後の肌に影響するダメージ

敏感になった施術後の肌には直接的な布擦れによるダメージもありますが、さらに他のダメージを受ける危険も待ち受けています。

 

まずは紫外線です。施術後の肌に紫外線は大敵です。夏場は比較的肌を露出してしまいがちですが、施術後を考えて、しっかりと脚の隠れる服装が望ましいです。夏場は暑いかもしれませんが、シースルーの生地でもだいぶ紫外線を吸収してくれたりするので、何はともあれ素足が出ない格好にしましょう。夏の話をしましたが、紫外線は基本的に太陽が出ていればいつでも浴びる危険があります。紫外線対策は四季を問わずに必要となります。

 

施術の時の服装

あとは乾燥対策も必要です。乾燥が直接肌に悪いのはもちろんですが、特に施術後に気をつけるのは乾燥による静電気です。冬場の乾燥した時期などに、服を脱ごうとするとバチバチと音がするのを体験したひとも多いと思います。このバチバチが施術後の敏感な脚で起こったことを想像すると鳥肌モノですね。なので静電気には十分注意が必要です。静電気を避けるには服の組み合わせに気をつけr必要があります。動物性の繊維と石油系の繊維の組み合わせは静電気を作りやすい組み合わせとして有名です。冬場でもセーターなど脱毛サロンに行くときに身に着けるのは気をつけたがいいですね。一番いいのは静電気防止スプレーを使うことです。また、服を脱ぐ際は除電グッズなどで体にたまった静電気を放出することも有効です。

 

これらの条件を守ればひざ下脱毛時に必要十分条件の服装を見つけられると思います。

脱毛エステサロンおすすめの理由

ひざ下脱毛ランキング

ローラTBCキャンペーン

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
\1,000 全身から自由に選べる脱毛プラン

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


TBCキャンペーン


【期間限定キャンペーン】脱毛ラボ

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
初月\0 全身脱毛コース

5つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


脱毛ラボ


銀座カラー銀座カラー

脱毛エステ おすすめコース 口コミ評価
月額\4,800 足全セット

4つ星

※おすすめコース・料金はキャンペーンによって毎月変更


銀座カラー



このページの先頭へ戻る